« 不妊手術と同時に眼の手術 | トップページ | 飼い主のいない猫と共に暮らすまちづくり »

2006年12月18日 (月)

捕獲は臨機応変に!

061220_115101k061220_104801_1今日の捕獲場所の市場東中町Aさんの家は、旧東海道に交わる路地の角にあります。Aさんは長年に渡り、飼い主のいない猫たちの世話をしてきました。自宅の縁の下には猫ハウスと猫トイレを置いています。また、交通量の激しい旧東海道で輪禍にあった猫や犬たちを手厚く葬ってきました。今回の捕獲は前回の4匹に続いて2回目。前回手術した茶トラの若いオスが好奇心いっぱいで迎えてくれました。右耳にはV字カットの目印がついてます。しかし、肝心のメス猫たちは縁の下の奥に引っ込んだまま出てきません。前回の捕獲を見てしまい、警戒心が解けないのでしょうか。朝からエサを与えず、お腹が空いているはずですが、現れません。

そこで予定を変更して、道を隔てた反対側の居酒屋さんに行ってみました。すでにメスを2匹手術しており、当時子育て中だった母猫の手術をする時期です。マスター夫人は、母猫のパートナーのオス猫も捕まえてほしいと言いました。しかし、急な予定変更だったので猫たちはすでにエサをたらふく食べてしまったとのこと。ところが捕獲器に大好物のチーズを入れて誘うと、オスはゆっくりと食べ始め、すんなり捕獲器に入りました。メス猫は、ときどき現れる怪しげな私たちに警戒して、エアコンの室外機の裏に隠れていましたが、すぐそばに捕獲器を置いたら、チーズやマタタビの誘惑に負けて捕獲器に入りました。そして、最近エサを食べに来ているという若い茶トラも捕獲し、目標の猫ではありませんが、数は予定通り3匹捕獲しました。写真の白猫はマスターに可愛がられている母猫。一緒に去勢手術をしたパートナーのオス猫とこれからも仲良く暮らしてね。
Aさんのメス猫たちには、次の妊娠をしないうちにぜひ手術をしてやりたいと思います。

|

« 不妊手術と同時に眼の手術 | トップページ | 飼い主のいない猫と共に暮らすまちづくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183727/13141606

この記事へのトラックバック一覧です: 捕獲は臨機応変に!:

« 不妊手術と同時に眼の手術 | トップページ | 飼い主のいない猫と共に暮らすまちづくり »