« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月23日 (金)

残酷と非情のその先の不幸を見据えて

今回の捕獲は2匹のメス猫でした。2匹とも明らかに妊娠していましたが、今日動物病院に不妊手術のために預けてきました。胎児を中絶して不妊手術することは、賛否両論あり難しい問題です。つるみ・地域猫をすすめる会では胎児は中絶し、火葬をお願いしています。私たちは、動物の「種の保存」という命を繋いでいく本能を無視して、 人の手でコントロールしているという重みをいつも考えながら活動しています。 私たちも心が痛んでいます。 飼い主のいない不幸な猫が減り、人と猫が地域で共に生きるまちづくり、 そしてこの会の活動が必要なくなるような社会をめざしています。

港南区でノラ猫を減らす活動をしている港南キャッツアイの会報「にゃん5」(2006.9月発行)の記事から承諾を得て掲載させていただきます。

「悪意なき不幸の種」
 港南キャッツアイ連絡協議会会長 太田 雄一郎(港南動物病院 院長)

キャッツアイの活動の中心である、年間50頭ののらねこ無料手術も、早7年を過ぎ、単純にその数を合わせれば、350頭に達しているわけで、その他補助の対象にしてきた数を合計すれば、手術を受けたのらねこは、凡そ2000頭に及びます。のらねこの実数は、性格に把握できませんが、減少したというのは、確かな実感です。例えば1月から3月までは、子猫の貰い手がいるのに、子猫がいないという現象があります。この傾向は、このところ何年も続いているのですが、そういう時期が長ければ長いほど、不幸な環境を背負った猫が、巷を徘徊する率が減少するわけですから、手術の成果と考えても良いでしょう。
私の動物病院における、この歓迎すべき傾向は、3月から更に4月末まで延長しつつあります。そして、3月から5月までの不妊手術の約9割は妊娠中であり、つまり、この時期は1頭でも多く手術をしなければ、疎まれて世に出るのらねこを看過する結果となるわけです。3月までとは、状況は逆転し、子猫が溢れ、貰い手が見つからないことも少なくありません。「捨てる神あれば、拾う神あり」という言葉がありますが、のらねこの場合、確かにどちらも神なのかもしれません。
猫嫌いな人は、元々拾って飼ったりしませんから、捨てる人も、殆どは猫好きか、人情家なのでしょう。ただし、計画性と責任感に欠けることが、不幸の種を撒き続けているのです。妊娠したメス猫は、多くの外敵から身を守り、多くの栄養を胎児に与えるため、幾多の危険を冒し、出産に辿り着きます。もし、この猫たちを擬人化するなら、そんな困難を乗り越えてきた女性を捕らえ、腹を割いて、胎児もろとも卵巣子宮を摘出する行為は、何と残酷で非情なことでしょう。でも、私はメスを止めません。その先の何倍もの不幸をよく知っているからです。そして、いつか、この悲しい現実が終わることを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

捨て猫は犯罪です

鶴見の横浜港に近いこの場所は、風が強く冬はとっても寒いところ。誰が捨てたのか、ここ数年で成猫がどんどん増えました。 10匹ぐらいずつ3ヵ所に別れて健気に生きています。 人家から遠いこの場所には、気まぐれな餌やりはいますが、毎日餌をあげる人には大変な労力です。 しかも、まずは不妊手術から…

これらの猫たちはいったいどのような事情で捨てられたのでしょうか。猫の寿命は15年前後あります。15年の間に飼い主の暮らしは大きく変わることもあるでしょう。猫を飼うには、その一生を家族として世話を続ける覚悟が必要。そして不妊去勢手術と室内飼いが基本です

「動物の愛護及び管理に関する法律」により、捨て猫には50万円以下の罰金が科せられます
捨て猫や虐待かなと思ったらすぐに警察や福祉保健センターに連絡してください

Hureyu1_1Hureyu2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

地域猫ボランティア東奔西走日記(2月15日)

Nikki今日の予定はまず午前中はJR東口にある焼き肉屋さん。ここのお店で働く方が世話をしている白メスの捕獲です。捕獲器と捕獲に必要な道具一式はいつも車に積んであります。もう一人のメンバーを迎えに行って、まずは東口へ。ここの猫たちは捕獲のタイミングが難しく、もう何回通ったでしょうか。今日は最後の1匹です。ここで働くパートのSさんと待ち合わせましたが、目標の白猫は現れません。そこで一度家に帰ったら、着いた途端に捕まったとの連絡。どこかに隠れていた猫が、怪しい私たちが見えなくなるとすぐに現れ、捕獲に成功することはしばしば。結局2回往復しました。
午後は、4月に予定している総会の会場の予約を取りに鶴見公会堂へ。もう1年たったのですね。いろいろなことがありました……。
その後、鶴見中央のFさんから依頼され手術した茶トラチビが心配で現場に見に行きましたが、いつもいた場所は建物を壊していて猫の姿はありません。Fさんに電話したら「近くのお年寄りの家の庭にいる」との情報を得たものの、そのお宅は留守。残念!  でもきっと元気に暮らしていることでしょう。
次は、区役所の保健センターで情報交換。鶴見の協力獣医師について相談してきました。
今日の最後は明日の早朝に捕獲予定の東寺尾Oさん宅へ。ここも前回捕獲を失敗しており、朝のエサ時間に捕獲することになったのです。主婦のボランティアとしては早朝に家を空けて活動するのはちょっと無理。捕獲器だけ置きに行きました。捕獲器に入ったら、病院に行く前に引き取り、2匹を連れていきます。
飼い主のいない猫を世話する方たちは、猫たちが繁殖シーズンに入り、何とか次の子猫が生まれないうちに手術したいと皆さん一生懸命です。今日も1日鶴見の町を東に西に走りました。明日の病院送りはMさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

不妊去勢手術済みの糸印を両耳にしました

飼い主のいない猫の世話をしている方から、手術済みの耳の糸印がとれてしまったという報告を最近続けて受けました。そこで私たちは今後は両耳に糸をつけてほしいと、かかりつけの獣医師にお願いしました。1月21日の日記でご紹介した通り手術済みの印には耳カットがいちばん良いのですが、現在つるみ・地域猫をすすめる会が主にお世話になっている病院の方針は糸かピアスです。
Mimiito写真の猫には両方の耳に糸がついています。肉眼でははっきり見えましたが白猫に白糸… 画像では捉えてませんね(-_-;)
糸はあまり内側につけると化膿する場合もあるので、比較的外側につけます。すると猫が自分で毛づくろいするときに爪に引っ掛けて取れてしまうこともあるようですね。 これまでは糸をつけた耳の左右でメス、オスの区別をしていましたが、まずは手術済みかそうでないかを優先し、両耳につけることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノラ猫の忌避剤をお試しください

猫はふかふかした土や砂、細かい砂利などが好きで、手入れの行き届いた花壇などをトイレにしてしまいます。飼い主のいない猫を世話する方と、その近隣とのトラブルの原因の多くはこれですね。
1月28日に東京大学で開催された「ちいきねこフォーラム」で北新宿の地域猫活動グループの報告の中に、忌避剤(猫よけ)がありました。材料はレギュラーコーヒーをいれた後の豆、卵の殻。乾燥させた出がらしのコーヒー豆と、同じく乾燥させ砕いた卵の殻を混ぜただけ。どちらも、生物には害の無い物ですね。調べれば作り方が詳しく出ていると思いつつ自己流です。
効き目は、まだ試していないので不明ですが北新宿の方たちによると効果があるそうです。足の裏がチクチクして嫌なのかもしれませんね。試してみたい方、お分け致します。

Koffee3Cofee2Coffee

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

二つ池のアイドルだった白ちゃん

Siro1

Siro2昨年の5月30日に、私たちの会で不妊手術のために保護した二つ池の白ちゃんです。釣りに来るオジサマたちのアイドルでした。 病院で麻酔をしてお腹の毛を剃ったらすでに手術済みと判明(耳の印はありませんでした)。 同時にワクチンもする予定でしたが、口内炎がひどくて打てませんでした。 その後、近くの方々が抗生物質を餌に混ぜたり、ステロイド注射をしたりしてすっかり元気になったと思っていた矢先に交通事故に遭い、先日亡くなりました。 たまたま世話をしていた方々が直後に通りかかりその足で病院へ。 残念ながら亡くなってしまいましたが人間が大好きだった白ちゃん、可愛がっていた人たちに最後を見守られていたことを聞き、穏やかな気持になる事ができました。
私もずいぶん白ちゃんに癒されました。白ちゃん、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獅子が谷のボス猫

Bosu獅子が谷周辺に広い範囲で種まきしていたボス的白黒猫。久しぶりに戻ってきたので捕獲して去勢しました。きちんと餌やりの方がいるので手術しましたが、舌がんでした。 今のところ体格も立派ですが、そう長くは生きられないようです。病気は人間でも避けて通れません。しかし本能ですね、捕獲時もメスを追いかけていました。 開放時、とびきり美味しい餌を置いてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

ペットの迷い子や災害の備えには、マイクロチップがいいらしい

猫を飼うには「不妊去勢手術と室内飼い」は当然のことですが、うっかり迷い子になった時や大きな災害に備え、マイクロチップが有効と言われています。
マイクロチップとは、IDナンバーを書き込んだ動物医療器具です。大きさは直径約2mm、長さ約11mmの円筒形で、犬・猫の頚部皮下に埋め込み、リーダーでそのIDナンバーを読み取ることによって個体識別が行えます。飼い主が確実に特定されますから、鑑札のない猫には、捨て猫の予防にもなるでしょう。
しかし、なかなか普及しない背景には、複数のメーカーによる製品の互換性がないとか、体内に挿入することへの飼い主の躊躇とかあるようです。大きな災害が予想される中、ペットの安全のために、私たちはもっと積極的にマイクロチップについて考える必要がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オスの去勢手術

今週は鶴見の線路をはさんで東と西で捕獲しました。Siroosu_1
鶴見中央2丁目では白のオス。予定ではこの兄弟姉妹関係のメスを捕まえたかったのですが、やはり先に捕まったのはオスでした。 ノラ猫のオスを去勢するのはかわいそうと言う方がいますが、この時期オスはかなり遠くまで種まきに行きます。 ノラ猫を減らすにはまず不妊去勢手術。 確実な世話人がいる場合にはオスでももちろん手術します。

Koji_1
次の東寺尾1丁目の捕獲場所には、このキジ白柄が多く、すでに3匹目。 周辺の方は、この辺りはメスが多いので妊娠する前に何とか手術したいと考えていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

馬場6丁目で 迷い猫探しています

馬場6丁目のゴトウさんの相談です

生後1年半のオス猫(未去勢)です 。
12/29以降 突然外へ出たきり戻って来なくなり、ずっと探しています。

<失踪場所 >
鶴見区馬場6丁目付近

<特徴>
①色はこげ茶と白2色で 割ときれいに部位で色がまとまっている。
②尻尾が短い(3センチ位)
③首回り一周白い
④耳の両先端が白い(1センチ位)
⑤よくある鼻筋〜口回りが白いタイプ

<連絡先>
tsurumi-neko@nifty.com

Z

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »