« ノラ猫の忌避剤をお試しください | トップページ | 地域猫ボランティア東奔西走日記(2月15日) »

2007年2月17日 (土)

不妊去勢手術済みの糸印を両耳にしました

飼い主のいない猫の世話をしている方から、手術済みの耳の糸印がとれてしまったという報告を最近続けて受けました。そこで私たちは今後は両耳に糸をつけてほしいと、かかりつけの獣医師にお願いしました。1月21日の日記でご紹介した通り手術済みの印には耳カットがいちばん良いのですが、現在つるみ・地域猫をすすめる会が主にお世話になっている病院の方針は糸かピアスです。
Mimiito写真の猫には両方の耳に糸がついています。肉眼でははっきり見えましたが白猫に白糸… 画像では捉えてませんね(-_-;)
糸はあまり内側につけると化膿する場合もあるので、比較的外側につけます。すると猫が自分で毛づくろいするときに爪に引っ掛けて取れてしまうこともあるようですね。 これまでは糸をつけた耳の左右でメス、オスの区別をしていましたが、まずは手術済みかそうでないかを優先し、両耳につけることにしました。

|

« ノラ猫の忌避剤をお試しください | トップページ | 地域猫ボランティア東奔西走日記(2月15日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183727/13941193

この記事へのトラックバック一覧です: 不妊去勢手術済みの糸印を両耳にしました:

« ノラ猫の忌避剤をお試しください | トップページ | 地域猫ボランティア東奔西走日記(2月15日) »