« 地域猫ボランティア東奔西走日記(2月15日) | トップページ | 残酷と非情のその先の不幸を見据えて »

2007年2月19日 (月)

捨て猫は犯罪です

鶴見の横浜港に近いこの場所は、風が強く冬はとっても寒いところ。誰が捨てたのか、ここ数年で成猫がどんどん増えました。 10匹ぐらいずつ3ヵ所に別れて健気に生きています。 人家から遠いこの場所には、気まぐれな餌やりはいますが、毎日餌をあげる人には大変な労力です。 しかも、まずは不妊手術から…

これらの猫たちはいったいどのような事情で捨てられたのでしょうか。猫の寿命は15年前後あります。15年の間に飼い主の暮らしは大きく変わることもあるでしょう。猫を飼うには、その一生を家族として世話を続ける覚悟が必要。そして不妊去勢手術と室内飼いが基本です

「動物の愛護及び管理に関する法律」により、捨て猫には50万円以下の罰金が科せられます
捨て猫や虐待かなと思ったらすぐに警察や福祉保健センターに連絡してください

Hureyu1_1Hureyu2_2

|

« 地域猫ボランティア東奔西走日記(2月15日) | トップページ | 残酷と非情のその先の不幸を見据えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183727/13969119

この記事へのトラックバック一覧です: 捨て猫は犯罪です:

« 地域猫ボランティア東奔西走日記(2月15日) | トップページ | 残酷と非情のその先の不幸を見据えて »