« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月28日 (水)

幸せにしてやりたい……傷ついた黒猫

1ヶ月ほど前、Aさんから「近くの公園に傷ついたノラ猫がいる。助けることはできないでしょうか」という連絡がありました。「つるみ・地域猫をすすめる会」は、地域猫活動の普及を目的としています。飼い主のいない猫に不妊去勢手術をして、増やさないようにする地域猫活動とその啓蒙を会の活動の柱にしています。飼い主のいない病気や怪我の猫を安全に捕獲し、病院へ運ぶお手伝いはできますが、治療後の保護や里親探しなどは、人手や場所などその環境が整っていないので、活動としては原則としてできません。

依頼をしてきたAさんの自宅はペット禁止で、治療後にその猫を飼うことはできないそうですが、何とかしてやりたいと、すぐメールに写真を添付して送ってきました。暗闇で不鮮明な写真からも、その猫の傷の状態が非常に悪いことがわかりました。Aさんに「とにかく保護しましょう」と連絡し公園で待ち合わせしました。

幸い猫は姿を現し、見る限り瀕死ではなさそうでした。しかし約20cmの尻尾は真っ赤にただれ、体液がにじみ出ているためかゴミがたくさん付いていました。直視できないほどの状態に、すぐに保護を決めました。食欲はある様子で、餌で誘導し何とか保護に成功しました。翌日、不妊手術の猫たちといっしょに病院へ連れていきました。

診察した獣医師の話では、「虐待かどうかはわからない。尻尾の皮膚が再生してから尻尾を切断する」ということでした。現在も入院中ですが「自宅でも尻尾の消毒と投薬ができるから、いつでも退院できる。切断は療養の後になる」そうです。去勢手術も終えました。
Aさんは、少しづつ治療費を払っていますが、退院できる状態でありながら引き取ることができずに、私たちの会としても頭を悩ませています。会のメンバーの自宅も満員状態なのです。

全ての猫を助けることはできない。責任を負えないならば手を出すべきではなかったか?  長い療養生活の後、元の公園に放すことができるか?  など、話し合い、悩んでいます。

現在の状態は、食欲旺盛、すてきな名前を付けてもらい、人によく慣れていて、病院のスタッフにたくさんおしゃべりする甘えん坊な黒猫です。引き取って幸せにしてやりたいと思われる方、ぜひご連絡くだい。Photo_112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

講演会のお知らせ

ちよだニャンとなる会から、フリージャーナリスト香取章子さんの講演会のお知らせです

「千代田区ー猫と共生する街」
千代田区では、2000年から「飼い主のいない猫の去勢・不妊手術費助成事業」を実施しています。行政と区民ボランティアが連携・恊働して、飼い主のいない猫に去勢・不妊手術を行い、頭数が増えないようにしつつ、一代限りの命を地域の人たちに見守ってもらおうというもの。いわゆる「地域猫」です。これまでに1050頭の飼い主のいない猫に去勢・不妊手術が行われました。なぜこの活動が始められたのか? 飼い主のいない猫の実態は? 具体的にどんなことをしているの? 千代田区での人と猫の共生についてお話します。

会場:飯田橋セントラルプラザラムラ  1階  区境ホール
           (JR飯田橋駅東口、西口、地下鉄飯田橋駅 B2b・B5)
         入場無料(ものづくり創作市場と同時開催)

日時:2007年4月14日(土)  午前11時〜12時
           ○雨天中止

お話:香取章子 (フリージャーナリスト)

主催:m A R T m ものづくり創作市場

協賛:飯田橋セントラルプラザラムラ

協力:千代田保健所  ちよだニャンとなる会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

横浜地域猫連絡会 パネル展準備

Jinnbi23月8日から21日まで、横浜市活動支援センター5階受付前でパネル展を開催します。昨夜は3つの団体から10人ほど集まり、2時間で準備をしてきました。

地域猫に関心のある方はぜひご覧になってください

会場:横浜市活動支援センター5階  受付
住所:横浜市中区桜木町1-1-56 みなとみらい21 クリーンセンター4F・5F
TEL:045-223-2666
交通:「桜木町駅」下車,徒歩7分
    みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩10分

Jinnbi1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

地域猫連絡会 パネル展開催のお知らせ

日時:2007年3月8日〜21日
会場:桜木町 市民活動支援センター
中区桜木町1-1-56  みなとみらい21  クリーンセンター5F
TEL:045-223-2666
         JR桜木町  徒歩7分       みなとみらい駅  徒歩10分

参加団体:
○磯子区猫の飼育ガイドライン推進協議会
○西区の猫を考える協議会
○つるみ・地域猫をすすめる会

【地域猫活動】
・飼い主のいない猫の不妊去勢手術の徹底
・地域猫のエサの管理
・フンの清掃、周辺美化
・周辺住民の認知を得ながら恊働で行う

「地域猫」活動とは「猫トラブル“0”」をめざすまちづくり活動です。
飼い主のいない猫をめぐるさまざまな問題を「猫の問題」ではなく、
「地域の人間関係の問題」として捉え、猫が好きな人、嫌いな人、
そして猫に関心がない人ともコミュニケーションを図りながら、
恊働で、より良いまちづくりをすすめていこうとするのが「地域猫」活動です。

【地域猫連絡会】
横浜市近郊で「地域猫」活動にグループで取り組んでいる団体が、
正しい「地域猫」活動の普及・推進に努めるとともに、
より良い活動をすすめるために設立されました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

置き去りにされた猫たち

鶴見・地域猫をすすめる会にこんな電話がありました。
「区役所の紹介で電話しました。急に引っ越すことになりました。庭に餌を食べに来ている猫を地域猫にしたいのです。」聞けば、メス3匹は全て不妊手術済み。オスのうち1匹は去勢手術済み。全部で7匹、敷地の中で朝、昼、晩と餌を与えているとのこと。
電話を頂いたのは、引っ越しの5日前。いろいろ事情があったのでしょうが、ご近所の協力を得て、地域猫にするには時間が足りません。できるだけ協力します、と伝えて2日後に訪ねました。
広いお庭に立派な猫たちがゾロゾロと現われました。安全な場所に充分な餌。みんな穏やかな顔をしています。会のチラシをご近所のポストに入れたり、心当たりに頼んだり、頑張ってやってみてください、と話しました。
周りの方はほとんどこの猫たちの存在を知らないのでしょうか。頼める方はいない様子でした。会も近くに会員がいないか探しましたが、見つかりませんでした。

OkizariOkizari2引っ越しされた2日後気になり行ってみたら1匹の三毛猫が庭の片隅で強風に吹かれながらじっと座っていました。家人の帰りを待っているのでしょうか。他の猫はどこへ行ったのでしょう。空腹でゴミを荒らしていないでしょうか。
飼い主のいない猫の世話をする時は、自分ひとりで抱え込まず、仲間、協力者を作っておくといいのではないでしょうか。地域で世話をする地域猫とまでいかなくとも、複数の人たちが猫に関わることによって、ひとりの負担を減らし、今回のようなケースを防げます。大きな声で、猫に手術をし餌を与えています、と言えなくても、ご近所とコミュニケーションをとっていれば、きっと理解を示す人がいるはずです。手術済みの印がない猫たちは、手術をした人がいなくなったら、誰も手術済みの判断ができません。

今日も行ってみました。2匹のメス猫がいました。極端に痩せてしまった様子はありませんでした。どこかで誰かに餌をもらっていることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »