« 残酷と非情のその先の不幸を見据えて | トップページ | 地域猫連絡会 パネル展開催のお知らせ »

2007年3月 4日 (日)

置き去りにされた猫たち

鶴見・地域猫をすすめる会にこんな電話がありました。
「区役所の紹介で電話しました。急に引っ越すことになりました。庭に餌を食べに来ている猫を地域猫にしたいのです。」聞けば、メス3匹は全て不妊手術済み。オスのうち1匹は去勢手術済み。全部で7匹、敷地の中で朝、昼、晩と餌を与えているとのこと。
電話を頂いたのは、引っ越しの5日前。いろいろ事情があったのでしょうが、ご近所の協力を得て、地域猫にするには時間が足りません。できるだけ協力します、と伝えて2日後に訪ねました。
広いお庭に立派な猫たちがゾロゾロと現われました。安全な場所に充分な餌。みんな穏やかな顔をしています。会のチラシをご近所のポストに入れたり、心当たりに頼んだり、頑張ってやってみてください、と話しました。
周りの方はほとんどこの猫たちの存在を知らないのでしょうか。頼める方はいない様子でした。会も近くに会員がいないか探しましたが、見つかりませんでした。

OkizariOkizari2引っ越しされた2日後気になり行ってみたら1匹の三毛猫が庭の片隅で強風に吹かれながらじっと座っていました。家人の帰りを待っているのでしょうか。他の猫はどこへ行ったのでしょう。空腹でゴミを荒らしていないでしょうか。
飼い主のいない猫の世話をする時は、自分ひとりで抱え込まず、仲間、協力者を作っておくといいのではないでしょうか。地域で世話をする地域猫とまでいかなくとも、複数の人たちが猫に関わることによって、ひとりの負担を減らし、今回のようなケースを防げます。大きな声で、猫に手術をし餌を与えています、と言えなくても、ご近所とコミュニケーションをとっていれば、きっと理解を示す人がいるはずです。手術済みの印がない猫たちは、手術をした人がいなくなったら、誰も手術済みの判断ができません。

今日も行ってみました。2匹のメス猫がいました。極端に痩せてしまった様子はありませんでした。どこかで誰かに餌をもらっていることを祈ります。

|

« 残酷と非情のその先の不幸を見据えて | トップページ | 地域猫連絡会 パネル展開催のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183727/14134924

この記事へのトラックバック一覧です: 置き去りにされた猫たち:

« 残酷と非情のその先の不幸を見据えて | トップページ | 地域猫連絡会 パネル展開催のお知らせ »