« キャリーケースから逃走 | トップページ | 尻尾を怪我した黒猫の新しい家族が決まりました! »

2007年4月25日 (水)

猫トラブル解決に向けて福祉保健センターと話し合い

飼い主のいない猫の被害を受けて困っている方から保健センターに苦情が寄せられました。エサを与える方と、エサに集まるたくさんの猫に迷惑を受けている住民との間のトラブルです。つるみ・地域猫をすすめる会は、以前その猫たちに餌をやっている方の依頼で不妊去勢手術をするため、捕獲に行ったことがありました。双方の対立が大きくなり、問題解決に向けて私たちは保健センター職員の方と話し合い「双方が歩み寄って、円満な解決の道を見出せるように、これからも連絡を取り合いましょう」と確認しました。(4月15日)

○エサを与えるている方には次のようなお願いをしています
・エサを与える人は、その猫に不妊・去勢手術をする責任がある
・エサは決まった時間に容器に入れて与える
・一定時間が過ぎたら片付けて、出し放しにしない
・エサ場と糞の清掃をする
・近隣の方には、不妊去勢手術をして増えないようにしていることなど説明し、地域猫として認めてもらうよう説明努力をする
・自分の住む地域以外の猫にむやみにエサを与えない

自分の地域以外の公園や駐車場などにいる猫にむやみにエサを与えることは、その地域の住民に迷惑をかける場合があります。そして結局はその猫たちが嫌われることになります。猫にエサを与えるには、近隣の人たちに理解を求めることが必要です。

○猫の被害を受けている方には、以下のようなお願いをしています
・飼い主のいないノラ猫はもともとその地域にいた猫で、無責任な飼い主が原因で繁殖したものである
・これ以上増えないように不妊去勢手術をするので、現在そこにいる猫一代限りの命は見守ってほしい
・動物愛護法では飼い主のいないノラ猫も保護されており、エサを与えないとか、他の場所に遺棄することなどは法律違反であり、犯罪になる

あなたの町にいる飼い主のいない猫は、あなたの地域の問題です。地域の人たちで解決する必要があります

4月は新年度のスタートで、今回は福祉保健センターの新しい職員の方と顔合わせもできました。これからも、昨年度以上に保健センターと地域猫の会で連携をとり、鶴見の飼い主のいない猫の問題を解決できたら、との思いを新たにしました。

|

« キャリーケースから逃走 | トップページ | 尻尾を怪我した黒猫の新しい家族が決まりました! »

コメント

始めまして。
本当にどうしたら良いのか。。。 判りません。
皆さん、アドバイスを下さい。また、お力を御貸しください。


現在、戸塚駅周辺の再開発が始まります。
http://www.city.yokohama.jp/me/toshi/totsusai/index.html

空き地が目立ち始め、現住人が移動し始めています。
6月からは、本格的に立ち入り禁止になります。
皆さんもご存知の通り、戸塚は、昔からの古い街であり、野良猫も空家等に多くおります。現状、お写真のように今は、餌やりの方がいる状況の中で急に住めない状態になります。

私は、戸塚区再開発事務所の係長に連絡をとり、現状をお話しました。対応策を考えているのか?率直に尋ねました。

<質問内容>
①現状は把握しているのか?
 →鳥の巣などは確認をし、動物保護団体に連絡しています。
 →猫等は見かけません。

②もし、そういう動物がいたら対策はどうするのか?
 →取壊しする際には、中に居ないかどうかは確認するが、
  自然と居なくなるだろう。
 →傷ついた動物等は保護するが、それ以外はする必要はない。

③保護団体さんに連絡を取ったり出来るのか?
 →○○さん、知ってらっしゃいますか?
 →そんな事する必要があるのですか?

つまり、返答は、「野良猫は、再開発になったら自分で勝手に移動するでしょう。怪我をしたり、移動出来ない動物は保護する必要はあるけれど、それ以外はする必要はないでしょう。」と女性の係長の意見です。また、「取り壊す際に、何処までの動物が居るか確認したら宜しいですか?虫とかゴキブリは別に駆除して宜しいのでしょ!!」などと屁理屈までも言ってました。

本当にそれしか解決策はないのでしょうか?

ある地区では、公園等が取り壊される際、地域の保護団体と協力をし、少しでも里親を探したり、助かる命を救う活動をしている地区もあります。

私も、その担当者に、そういう保護団体さんへのお願いや解決策を少しでも考えて頂けないだろうか?と頼んでみました。でも、結局は、生きて行けない物は仕方がないという意見に聞こえる答えでした。

私は、昨年の九月からある保護団体(地方)の手伝いをしています。40匹の猫を里親にめぐり会わせてあげる事が出来ました。

でも、これも保護団体の方々や多くの協力があったからこそ、出来た事です。

勿論、私も出来る限りのことをしたいと思います。
でも、現状一人では何も出来ません。
不幸な事に、戸塚区にはそういう保護団体が見当たりません。

沢山の方から、アドバイス、意見、お知恵を頂けませんでしょうか?宜しくお願いします。

投稿: 鈴木ゆみ | 2007年5月 7日 (月) 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183727/14841336

この記事へのトラックバック一覧です: 猫トラブル解決に向けて福祉保健センターと話し合い:

« キャリーケースから逃走 | トップページ | 尻尾を怪我した黒猫の新しい家族が決まりました! »