« キャリーケースから逃走したクリーム見つかる!!! | トップページ | 理想的な解決 »

2007年4月27日 (金)

ゴミ集積場の段ボール箱の中に子猫が!

朝8時過ぎ、電話が鳴りました。「ゴミ集積場に子猫が捨てられている。どうしよう………」お隣に住む方からでした。急いで見に行くとキジトラの子猫2匹が段ボール箱に入れられ捨てられていました。1匹はまだ目が開いていません。生後10日ほどでしょうか。近所の人たちが何人か集まり途方にくれています。まだ離乳していない子猫を引き取る人は誰もいません。我が家にも4匹の猫がいてこれ以上飼うことは難しいのです。今の時期カラスも多くこのまま放置したらカラスに傷つけられるかもしれません。母猫がいれば成長を待ち地域猫にすることもできますが子猫だけではそれも出来ません。
動物病院に持ち込むしかないのでしょうか。でもその先に待っているものは…。やはり何とか命を救ってあげたい。隣の町会に猫をたくさん飼っている人がいます。地域猫活動を通じて知り合いました。ダメもとで頼んでみよう。その方の家まで走りました。電話より直接行って頼もうと思ったのです。
「いいわよ。連れていらっしゃい。育つかどうか分からないけどそのままにして置くのは可哀想だから」「ありがとうございます」
子猫の元に戻り、引き取ってもらえると伝えると皆いっせいに「良かった!」と笑顔になりました。今回、幸いにも子猫たちは引き取ってくださる人が見つかりました。でもまたこのようなことが起こったら引き取り手が見つかる保障はまったくありません。
子猫を捨てた人はどんな気持ちで捨てたのでしょうか。捨てられた子猫は飼い猫の子かノラ猫の子かはわかりません。どちらにしても不妊、去勢の必要性を改めて感じました。
不幸な猫たちがこれ以上増えないように、地域猫活動をもっと多くの人に知ってもらうためにアピールしていきたいと思います。

|

« キャリーケースから逃走したクリーム見つかる!!! | トップページ | 理想的な解決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183727/14862705

この記事へのトラックバック一覧です: ゴミ集積場の段ボール箱の中に子猫が!:

« キャリーケースから逃走したクリーム見つかる!!! | トップページ | 理想的な解決 »