« 大変だけど結構大切なこと | トップページ | 福祉保健センターの依頼を受けて »

2007年5月11日 (金)

紐がからんだ猫を救助

皆さんは鶴見区役所の中にある福祉保健センターをご存じでしょうか。動物の苦情などは福祉保健センター生活衛生課に寄せられます。ブログにもあるように、会では時々福祉保健センターと情報交換をしています。
Himoneko_1先日はこんな相談がありました。
「区役所でつるみ・地域猫をすすめる会を紹介してもらった。餌をやっている猫に、だいぶ前から紐が巻き付いている。血がにじんでいて、取ってやりたいが、捕まられない」
相談者(Kさん)は犬を飼っているそうで、捕まえたら犬の掛かり付けの先生がすぐに診てくれる、とのこと。とにかく保護しよう!と日曜日の午後、3人で向いました。

行って見ると、背中から脇の下にかけて緑色のビニールの紐が巻き付いた白い猫が現われました。幸い、短時間で保護できました。
すぐにKさん掛かり付けの病院へ。道中、Kさんに「二度と捕まらないかもしれない、不妊去勢手術もぜひ同時に」とお話しました。紐を取るために麻酔をかけるので、先生も賛成してくださり、すぐに去勢手術もすることになりました。急なことでしたが、オスだったため、手術も短時間で済みます。先生のご協力で全てがスムーズに進みました。
Kさんには、「飼い主のいない猫に餌をやるなら、不妊去勢手術、ルールを守った餌やり、付近の清掃を!」とお話して来ました。

|

« 大変だけど結構大切なこと | トップページ | 福祉保健センターの依頼を受けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183727/15030300

この記事へのトラックバック一覧です: 紐がからんだ猫を救助:

« 大変だけど結構大切なこと | トップページ | 福祉保健センターの依頼を受けて »