« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月18日 (月)

フランスの地域猫たち

みなさんは「地域猫」ならぬ「自由猫」という言葉を耳にしたことはありますか?「猫びより」という雑誌の中にフランスの猫事情を語った記事を見つけました。この記事によると、「自由猫」は日本の「地域猫」と似たニュアンスを持った猫たちのようです。

フランスには「猫学校」という地域猫活動があり、現在100以上の猫学校があります。その猫学校の猫たちをフランスでは自由猫と呼んでいます。日本で言われる地域猫に似ています。
その自由猫という言葉には「捕獲やバース・コントロールは、猫にとって既に自由ではないでしょう。しかし捨て猫が後を絶たず、一方で繁殖する野良猫には処分などの捕獲よりも理不尽なリスクがあるのが現実です。ならば、彼らを取り巻く環境の中で、個々がこの世に受けた生を尊敬し守りたい。幸せに暮らして欲しい」という思いが込められているそうです。
この思いは日本の地域猫にも通ずる思いのように感じました。猫学校の猫たちは耳タトゥーという方法で個体識別され、猫ハウス(雨や風が防げて巡回ポイントにされている場所)というものが日本より大規模に設置されています。見た目は鳥の巣箱が猫用に大きくなっていて、穴が数箇所あいている感じです。中は暖を取れるフカフカの素材になっているみたいです。

日本のみならず、外国でも地域猫活動が行われていますが、現実は厳しいようです。このフランスの猫学校では、猫ハウスの設置許可、資金難、ボランティア人数の問題、そして猫たちを安全に開放できる場所が少ないそうです。しかしながら、この活動の伝染病予防対策はフランス国内の狂犬病撲滅に貢献し、活動は社会衛生の向上に結ばれ、社会への貢献度も高いようにみえます。また記事には「自由猫が生きていくためには何よりも人間の寛容さが必要なのです。」と書かれていました。これは地域猫を理解する第一歩として、本当に大切なことだと思いました。(K.N.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

ジンジャー 元気になりました

070603_161248_m

 以前公園で尻尾に怪我をしている黒猫の里親さんが見つかったことを報告しました。

 とても気立てがよく、おまけに頭もよい子でした。ジンジャーと名づけられ、今は里親さんにとても可愛がられています。

その里親さんから写真とメールが届きました。

 遅くなりました、ジンジャーの近況をご報告します。
先週、便に寄生虫を見つけ動物病院を受診し、虫食だしのお薬を処方していただき(飲ませていただきました)以来、便も緩むことなく元気にしております。尻尾付近の毛も大分生え揃えました。
 
 家族の話題の中心にジンジャーがいて楽しい毎日となりました。
ジンジャーの寝ている姿をみていると癒されます。いい夢を見ているといいのでしが。また、近況の連絡をご報告させていただきます。
ジンジャーを助けようと連絡して下さったAさん、並び会の皆様に感謝もうしあげます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

耳ピアス

不妊・去勢手術をしてくださる病院によって、目印は色々あります。

最近は糸をつける病院が多かったのですが、今日開放したメス猫は左耳に半円カット、右耳には白いピアスが付いています。

ちょっと見ずらいですが、肉眼だとはっきりわかります。

Photo_136

万が一ピアスが取れてもカットしてあるので手術済みということが確認できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニのアイドル

私用で出かけた花月園、以前手術を頼まれたコンビニ横に住むオス猫が気になり、ちょっと寄り道しました。

いたいた~!憶えていたのか、元々フレンドリーなのか、ハウスからわざわざ出てきてくれて「ゴロン」もしてくれました。

ハウスの後ろにはちゃんとアイドルくん用のトイレも完備!コンビニの隣は交番だし、安心して暮らせますね。幸せそうでなによりです。

Photo_133  Photo_132     

Photo_134  Photo_135

このオスは恋の季節に目の前の国道を渡っていたそうです。術後は落ち着いたかな・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

福祉保健センターといっしょに三ツ池フェスティバルに参加しました

5月27日の日曜日、Mituike1_1 毎年恒例で行なわれている三ツ池フェスティバルに、始めて参加しました。

 鶴見区役所の福祉保健センターが犬のしつけ教室で参加をするというので、私たちは地域猫の相談コーナーとして、パネル展示やチラシを配布しました。

 三ツ池の園長や鶴見区長にもチラシを渡して活動をアピール。

たまたま来ていた、知り合いの自治会長さんもノラ猫で困っているというので、会のチラシを自治会で回覧してもらうことにしました。

Innuno

午後からは、実際に本牧の畜犬センターから、わんちゃんと職員の方が来て、実際に舞台の上で、犬のしつけの実演もありました。

出番を待つわんちゃんたちとテントの中で、楽しい時間を過ごしました。

 畜犬センターは捨てられた犬などを保護するところですが、犬の処分も行なっています。犬が好きな職員にとってはつらい職場です。犬も猫ももともとはペットからスタートした動物です。無責任な飼いかたが多くの不幸な犬や猫を生み出します。

 横浜市や鶴見区の職員といっしょに参加できたことは大きな成果でした。(松川)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »