« フランスの地域猫たち | トップページ | 地域猫活動にあなたの参加をお待ちしています »

2007年7月 5日 (木)

捕獲器と包布

Hokakuki_1手術のために猫を捕まえる時は捕獲器を使います。中に猫の餌を置き、それを食べると扉がパタンと閉じるようになっています。人に馴れていない猫でも、人間はもちろん、猫にとっても安全で成功率の高い道具です。
捕獲器をそのまま猫の近くに置くと警戒するので、シーツのような大きな布をかぶせて猫のえさ場などに置きます。猫は箱や狭い空間が大好きですから、その習性を利用します。無事に捕まえたら、すぐにその布で風呂敷包みにします。びっくりし興奮している猫も殆ど静かになります。

Houhu_1手術が終わり猫たちを元にいた場所に戻すと、捕獲器の消毒が待っています。路上で生活している猫は感染症を持っているかもしれません。次に捕獲する猫に病気がうつってはたいへんです。そこで、捕獲器は、プラスティックの衣装ケースなどに薄い塩素系漂白剤を入れた水を溜め、その中に浸したり、スプレーして消毒します。同時に包布も塩素系漂白剤を入れて洗います。塩素のためすぐにボロボロになります。包布は、地域猫をすすめる会の会員がシーツや布団カバーを寄付してくれるので、それを使っています。

写真:梅雨の晴れ間に、捕獲器の消毒と溜まった布を洗濯しました

|

« フランスの地域猫たち | トップページ | 地域猫活動にあなたの参加をお待ちしています »

コメント

ちゃま坊さま
なるほど!貴重な情報をありがとうございます。「先達はあらまほしけれ」ですね。シーツは不用品のリユースで都合良いのですが、大きくて乾きにくいのが難点でした。さっそく調べてみます。

投稿: つるみ・地域猫をすすめる会 | 2007年7月 8日 (日) 14:56

土のう袋またはガラ袋というのがホームセンターで売っています。10枚300円くらい。通気性があり、捕獲器のサイズちょうどぴったりのがあります。
大工さんが砂利やゴミ入れ袋として使っているものです。
買っておくと便利です。

投稿: ちゃま坊 | 2007年7月 8日 (日) 11:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183727/15681036

この記事へのトラックバック一覧です: 捕獲器と包布:

« フランスの地域猫たち | トップページ | 地域猫活動にあなたの参加をお待ちしています »