« 警告! また子猫の虐待 | トップページ | 失踪猫   <真っ黒なオス猫> »

2007年8月 5日 (日)

眼の見えない猫を保護

1カ月ほど前、「庭に目の見えない猫が餌を食べに来るので捕獲して避妊手術をしたい」という依頼がありました。
つるみ・地域猫をすすめる会では、不妊去勢手術後のケアを十分にできないノラ猫の場合、真夏は手術跡が化膿することを配慮して、緊急以外は手術を行わなようにしています。しかし、この猫は一度行方不明になっているとのことで、目の見えない猫ですから、いつまた行方不明になるか分かりせん。涼しくなるのを待っていられないと、今日病院に連れて行きました。

私は今日初めてその猫を見たのですが、両目の眼球が無いようです。体の大きさから見ると生後半年くらいでしょうか。今までどうやって生きてきたのでしょう…?  誰かに捨てられたのでしょうか…? もしノラ猫の子として生まれたとしたら、今まで生きていたことが不思議なくらいです。

幸いなことに保護した方が手術のあとは家の中に入れて飼うことになりました。今まで苦労した分これからはぜひ幸せになってほしいです。
優しい人に保護されて良かった!!!     (H.I.)

|

« 警告! また子猫の虐待 | トップページ | 失踪猫   <真っ黒なオス猫> »

コメント

yuiさんコメントありがとうございます。彼女はやはり全盲でした。この先、野良猫としては生きていけなかったと思います。優しい方のお庭に迷い込んで良かったです。彼女は「なつきちゃん」という可愛い名前をつけてもらいました。

投稿: H.I | 2007年8月11日 (土) 22:45

ペットブームとやらで犬猫の映像が溢れ、皆さんカワイイ、カワイイと反応していますね。小さな生き物に目を向ける心のゆとりをもう一歩進めて、回りの地域に暮らす飼い主のいない猫たちにも関心を寄せてほしいと思います。yuiさんに習い、地道な啓蒙活動を心掛けていきます。励ましのコメントをありがとうございました。

投稿: つるみ・地域猫をすすめる会 | 2007年8月11日 (土) 13:24

目の見えない猫さんの保護を聞いて、ホッと致しました。私も経験があります。保護した時は一瞬里親は無理と思ってしまいましたが、とても良い方に里親になっていただき今は北海道の猫屋敷ではなく猫様豪邸に暮しております。やれ可愛い子、やれ尻尾が長い子、やれ目が大きい子とかばかりでなく、弱い子や年寄り猫さんに目を向けてくださる優しい方が増えるといいですね。やっぱり地道に啓蒙しましょ。猛暑ですねー。バテそうだけどバテられませんね。

投稿: yui | 2007年8月11日 (土) 05:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183727/16016815

この記事へのトラックバック一覧です: 眼の見えない猫を保護:

« 警告! また子猫の虐待 | トップページ | 失踪猫   <真っ黒なオス猫> »