« 早稲田大学の地域猫 | トップページ | 三ツ池公園で地域猫をアピール »

2007年11月29日 (木)

人と猫との調和のとれたまちづくりセミナー

11月23日(金)第7回新宿区にゃんにゃんセミナー(新宿保健所とNPOねこだすけの共催)に参加しました。11月19日から23日まで四谷地域センター・ロビーでは地域猫対策パネル展も併設されました。

セミナー開催のチラシには一般市民に向けて、以下のような呼び掛けの文章がありました。

・地域猫対策が行われています
・猫でお困りの方、迷惑苦情も! 猫を守りたい方も!
・地域の力で難問解決の方法があります
・参加無料。予約不要    直接会場へ
・人と猫との調和のとれたまつづくり対策で、野良ねこ苦情や引き取り申請される子猫は目に見えてなくなりました

新宿区は千代田区と並んで東京都の中でも、もっとも地域猫活動が進んでおり、地域猫対策が民間団体と行政で恊働して成功しているところです。

当日のセミナーでは、動物ライターでエッセイストの加藤由子さんの講演と、新宿区内で地域猫活動をしている団体の代表者によるパネルディスカッションが行われました。
パネリストによる活動報告の中で、私が特に印象に残ったのは早稲田大学の学生さんたちでした。早稲田大学の中には学生さんによる地域猫サークルがあるのです。発足して8年。メンバーは30人ほどいるそうです。「つるみ・地域猫をすすめる会」より充実している !!

何より驚いたのは8年前に出来たということです。
磯子区で初めて「地域猫」という言葉が生まれて10年ほどですから、いかに早稲田大学の地域猫サークルが早くから取り組んでいたかがわかります。キャンパス内の野良猫に不妊去勢手術をし、餌やり、掃除、里親探しもしているそうです。費用は学生さんたちの寄付でまかなっています。今では、近隣住人の相談も受け地域の野良猫問題の解決も進めているそうです。

早稲田大学での地域猫活動が、他の大学にも広がっていくと良いですね。将来、地域社会の一員となった彼らが新しい地域猫の担い手になっていくかもしれません。また、行政に携わる仕事に就き行政職員として力を発揮してくれることも期待できますね。

子どもから高齢者まで、あらゆる世代の人たちが地域猫にかかわって行くことが真の地域猫活動だと私は思っています。若い世代に地域猫活動を遂行している人たちがいることを知り、とても頼もしく思いました。(H.I.)

|

« 早稲田大学の地域猫 | トップページ | 三ツ池公園で地域猫をアピール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183727/17222063

この記事へのトラックバック一覧です: 人と猫との調和のとれたまちづくりセミナー:

« 早稲田大学の地域猫 | トップページ | 三ツ池公園で地域猫をアピール »