« 2008年9月 | トップページ | 2009年2月 »

2008年12月21日 (日)

こうほく・人と生きもの・支えあう会(港北区)

Img_1467 鶴見のすぐ隣り、港北区大倉山に地域猫活動をおこなう団体「こうほく・人と生きもの・支えあう会」(2008年夏発足)があります。1214日つるみ・地域猫をすすめる会のメンバー2人は、東横線大倉山駅近くの「社会福祉法人かれん」が運営する「アートかれん」で「こうほく・人と生きもの・支えあう会」の人のメンバーと情報交換を行いました。

「こうほく・人と生きもの・支えあう会」のリーフレットには、<飼い主に捨てられ殺処分されてしまう犬や猫たちが後をたちません。私たちはそうした動物の中でも特に猫に焦点をあて、子猫や人に馴れている猫は新しい飼い主を探し、それ以外のものは不妊・去勢手術を施し「地域猫」として地域で見守り、その生命を全うすることが出来るように活動していきます>とあります。

「年齢や障害のあるなしにかかわらず、みんなが心豊かにいきることができるように、わずかに残された自然や身のまわりの生きものをたいせつにしながら、共に支え合って生きていけるまちづくりを目指して、考え・行動する任意団体です」という活動主旨に深く共感しました。

これからは「つるみ」と「こうほく」と力を合わせて、地域猫活動をひろめていきたいと思います。写真中央は「こうほく・人と生きもの・支えあう会」代表

http://sasaeaukai.blog17.fc2.com/  「こうほく・人と生きもの・支えあう会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

横浜地域猫連絡会 第4回 勉強会のお知らせ 

[あなたのお隣は大丈夫?   猫トラブルゼロをめざして] 

<日時> 2009年2月1日 (日)13:30~16:30

<会場> 鶴見公会堂 3号会議室  

       JR京浜東北線 鶴見駅 西口 徒歩1分 西友6階

<講 演> 

テーマ 「高齢者と猫とのかかわりを考える」 

   講師 松尾 ゆかり  汐田総合病院総合ケアセンター室長・精神保健福祉士

テーマ 「猫との幸せな暮らしのお手伝い~不妊去勢手術の必要性」    

   講師 武部 正美   武部獣医科病院・獣医師

「高齢者の地域福祉」と「猫トラブル」…一見すると、ちょっと接点がないように見えるふたつの問題は、実は、とても深い関係があるのです。地域の高齢者と猫との関わり、そして、そのまちで暮らす私たちの関わり方について、鶴見区の実情を通して、皆さんと一緒に考えていこうと思います。「地域猫活動」に関心のある方だけでなく、高齢者ケアに携わっていらっしゃる方々にも、ぜひご参加いただきたく思っています。

<参加費>  300円  (当日)

<申込先> 磯子区猫の飼育ガイドライン推進協議会

氏名・住所・連絡先(電話・FAX・メール)・所属団体名(あれば)を明記してください

 E-mail : chiikineko@annvet.net

 Fax : 045-753-6606

<締切>   2009年1月16日(金) 

<主催>  横浜地域猫連絡会

 (磯子区猫の飼育ガイドライン推進協議会/西区のねこを考える会/つるみ・地域猫をすすめる会)

<後援>  鶴見区役所 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

つるみにも協議会と猫の飼育ガイドラインをつくろう

鶴見区には、磯子区や青葉区、西区にあるような、地域猫活動の基本となる「地域猫協議会」や「猫の飼育ガイドライン」がありません。私たちは、12月1日に 市民の意見や要望を提案するネットワーク横浜・つるみのメンバーと一緒に、鶴見区副区長に面会し、猫の問題を解決するため行政・獣医師・区民が参加する「協議会」の設立と「猫の飼育ガイドライン」制定を求める要望書を提出しました。

福祉保健センター生活衛生課中村課長からは、獣医師会の会合に「協議会設立の要望があったことを伝える」という回答をいただきました。また、各方面に積極的に私たちからもっと働きかけるようアドバイスをいただきました。

Yobo1 要望書(抜粋)

 鶴見区は、三ツ池公園や総持寺、工場など広大な敷地への捨て猫が後を絶たず、また住宅地域では増えすぎたノラ猫が隣近所のトラブルになっているところも少なくありません。解決策は、ノラ猫に不妊去勢手術を施し、地域猫として地域が管理して徐々に数を減らしていくことが最も有効であり、しかも多くの区民が納得できる平和的な方法です。しかし、地域猫を定着させるには、私ども区民ボランティアの小さな努力では力不足です。また、高額な手術費用も地域猫の活動が広がらない大きな原因です。そこで、区役所、獣医師、区民が協議会を作り、鶴見区の「猫の飼育ガイドライン」を制定して、鶴見区全体で地域猫活動を広めたいと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年2月 »