2010年6月29日 (火)

最近の活動と私たちの思い

発足    : 20064

会員    : 発足当時は運営委員5名 賛同者20名 寄付者50名ほど

       : 現在 実働4名 賛同者150名 寄付者30名ほど

活動内容 : 
飼い主のいない猫に関する相談を受け、
TNR活動と呼ばれる、飼い主のいない猫を捕獲(Trap)し去勢・不妊手術を施し(Neuter)捕獲した地域に解放(Return)する活動をしています。
可能な限り飼い主さがしも行っています。

捕獲手術数: 200512月の準備期間から現在まで約400匹

譲渡数   : 約100

100629_p1030405地域猫活動とは、飼い主のいない猫に去勢・不妊手術し、その猫の生息地域の住民の理解を得て、ボランティア住民によるルールを守った餌やり、トイレの設置、清掃などを行うものです。
当会は、発足当時は「地域猫活動の普及」を活動の目標に置いていました。しかし、地域住民によるボランティア活動の普及は難しく、現在はTNRと飼い主探しが主な活動となっています。
TNR活動を地道に行うことで、やがては地域猫活動が社会に受け入れられ、誰もが居住地域で飼い主のいない猫を見かけたら「手術をしよう」、「地域ボランティアで世話をしよう」と思えるようになるのではないかと期待しております。

P1130727_6

日本は、先進国と言われていますが、動物に関する考え方、動物行政は他の先進諸国に30

年も遅れているそうです。犬や猫などの伴侶動物の扱いは未だに諸外国に誇れるものではありません。しかし、日本でも環境省が今年度作成した「住宅密集地における犬猫の適正飼育ガイドライン」の中で「地域猫」という項目を作り「地域猫活動が猫トラブルの解決に役立つ、ノラ猫を排除するのではなくトラブルをなくすための試み。」と明記しています。また、「飼い猫を捨てることは犯罪になることを周知し、捨て猫の防止を徹底していく必要がある。」とあります。

100629_p10007231_3

猫は本来伴侶動物で野生動物ではありません。人に餌を与えてもらって生きていく動物です。人の身勝手で生み出された飼い主のいない状態の猫は、本来あるべき猫の生活スタイルに戻してやる責任が人間にあると考えています。

自分には関係ない、自分は猫が嫌いだから関わりたくない、猫の世話は猫が好きな人がすれば良いという考え方では、地域猫活動はすすみません。自分が暮らしている地域をより一層暮らしやすくするために、ひとりひとりが考え、関わりを持っていくべきでしょう。物理的な豊かさを求め続ける時代は終わり、社会全体の質の向上を目指す時代になりつつあると感じています。

P1130820_3 さらに、猫を巡るトラブルは高齢化社会とも関係が深くなっています。独居の高齢者が孤独を紛らわすためにお腹をすかせた1匹の猫に餌を与える。いつの間にかその猫が出産して短期間に5匹に、そして半年後にその子猫が出産し、どうすればよいのか分からぬ内に猫屋敷と呼ばれ、地域で非難の的になってしまうことも珍しくありません。ここまで大問題にならなくても、猫を残して亡くなってしまったケース、施設に入所し猫を置いていってしまったケース、手術していないために毎年子猫を産ませて近所のごみ捨て場に捨てるケース、猫の飼えないアパートで秘密で飼っていたが見つかって退去を迫られているケースなど枚挙にいとまがありません。簡単に解決できる問題ではないかも知れませんが、地域社会が高齢者を見守り支えていれば、多くの問題は解決できる可能性があります。

100629_p1050546_2

現在、多くの犬や猫が人間の身勝手により処分と言う名のもとに殺されています。犬や猫が好き嫌い、動物が可哀そうといった感情論ではなく、暮らしやすい地域社会を作っていく手段の一つとして地域猫活動に興味を持って頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

TNR@東台

東台の白猫(メス)を捕獲し、手術後本日元いた場所にリリースしました。100602_094101

子ネコ3匹の母猫です。

100601_173701

子猫1匹は既に保護しています。
猫風邪を引いているようです。
預かりさんのお宅でケアを受けています。
他の子猫はこれからです。

子猫は例外なくみなかわいいですが、ノラ猫の子はこういう状態の子も多いです。
今回は幸いにも保護されましたが、人知れず弱って命を終える子もごまんといます。

生まれる前に、是非不妊手術をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

フリーマーケットに出展します

【雨天のため、中止になりました。】

つるみ・地域猫をすすめる会は鶴見大学の学園祭 紫雲祭フリーマーケットに参加します。

日時  10月25日(日)   10時~15時30分Fleam1_2008

会場  総持寺参道にて
   

衣類・家庭雑貨などいろいろ用意しています。

売り上げは活動資金になりますので、皆様のご協力をお願いします

地域猫活動、猫の去勢手術の必要性のアピールもいたします

楽しい催しや飲食のブースも多数ありますので是非お出かけください。

お待ちしています!Fleam2_2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

三ッ池公園フェスティバルに参加します

つるみ・地域猫をすすめる会は三ッ池公園フェスティバルのフリーマーケットに出店します

日時  5月16日(土)   10時~15時

    荒天の場合は17日(日)

会場  神奈川県立三ッ池公園    
     
http://www.kanagawaparks.com/mitsuike/

衣類・家庭雑貨などいろいろ用意しています

売り上げは活動資金になりますので、皆様のご協力をお願いします

地域猫活動、猫の去勢手術の必要性のアピールもいたします

当日の手伝いも大歓迎!

楽しい催しや飲食のブースも多数ありますので是非お出かけください

お待ちしています!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

広報よこはまつるみ区版 「ペットの飼い方特集」

2009年2月号で、「人と動物がともに快適に暮らせるまちに」と題して、犬や猫の飼い方などを特集しています。「広報よこはま」は自治会から毎月各世帯に配布されています。猫の飼い方の情報もあります。ぜひご覧ください。鶴見区役所のホームページでも読むことができます。

http://www.city.yokohama.jp/me/tsurumi/83/832102/832102.html

Koho_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

鶴見区福祉保健センター生活衛生課との話し合い

つるみ・地域猫をすすめる会は、地域猫活動の基本となる「猫の飼育ガイドライン」や獣医師・行政・区民ボランティアで構成する「地域猫協議会」を作りたいという要望書を区に提出しました。(2008.12/2)それを踏まえて、1月29日に鶴見区生活衛生課と話し合いました。

残念なことに、「地域猫協議会」を作りましょうという積極的なお返事はありませんでしたが、飼い主のいない猫に関する鶴見区の現在の考え方、取り組みについて方針を聞くことができました。

10年前に磯子区にはじめて協議会が発足した当時は、市民も行政も「飼い主のいない猫には餌を与えず排除するのは当然」という考え方から、「去勢手術をして飼い主のいない猫を地域で管理する」という考え方への大転換があった。10年を経過して、現在は飼い主のいない猫のトラブル解決には、殺処分ではなく、去勢手術をして地域で人と猫と共生していくという考え方が一般的になっている。もはや鶴見区には協議会は必要ない、という見解でした。また、「猫の飼育ガイドライン」については地域猫をすすめる会が作ればよいというご意見でした。

民間ボランティアである私たちが、猫のトラブルを抱える方からの相談を受けて、その地域に正しい<猫の飼い方>や<飼い主のいない猫の飼育の方法>を説明し、平和的なトラブル解決案を提案しても、対立する当事者たちにはなかなか届きません。そこを乗り越えるには、獣医師・行政・区民の合意で作る「飼育ガイドライン」や「協議会」が、トラブル解決への有効な処方箋と私たちは考えていましたので、鶴見区の協議会は作らないという方針は残念です。

生活衛生課の方々は、「地域猫」という考え方を認めてくださっていますが、しかし、飼い主のいない猫を外で飼育する人たちのなかには、<地域の人たちとの合意を得る>という努力がまだまだ不足しているのではないかと、ご指摘がありました。確かに「地域猫」という言葉が独り歩きしている場合も少なくありません。<飼い主のいない猫の正しい飼育方法>を広めることも、つるみ・地域猫をすすめる会の活動のひとつとして今後も努力します。

つるみの3年間の地域猫活動から、先に成果をあげているほかの地域とは異なる鶴見区の特性も見えてきました。鶴見区に協議会やガイドラインができないならば、その鶴見の特性に合った活動方法を見つけるしかありません。ぜひ、皆さまのお知恵とご協力をいただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

こうほく・人と生きもの・支えあう会(港北区)

Img_1467 鶴見のすぐ隣り、港北区大倉山に地域猫活動をおこなう団体「こうほく・人と生きもの・支えあう会」(2008年夏発足)があります。1214日つるみ・地域猫をすすめる会のメンバー2人は、東横線大倉山駅近くの「社会福祉法人かれん」が運営する「アートかれん」で「こうほく・人と生きもの・支えあう会」の人のメンバーと情報交換を行いました。

「こうほく・人と生きもの・支えあう会」のリーフレットには、<飼い主に捨てられ殺処分されてしまう犬や猫たちが後をたちません。私たちはそうした動物の中でも特に猫に焦点をあて、子猫や人に馴れている猫は新しい飼い主を探し、それ以外のものは不妊・去勢手術を施し「地域猫」として地域で見守り、その生命を全うすることが出来るように活動していきます>とあります。

「年齢や障害のあるなしにかかわらず、みんなが心豊かにいきることができるように、わずかに残された自然や身のまわりの生きものをたいせつにしながら、共に支え合って生きていけるまちづくりを目指して、考え・行動する任意団体です」という活動主旨に深く共感しました。

これからは「つるみ」と「こうほく」と力を合わせて、地域猫活動をひろめていきたいと思います。写真中央は「こうほく・人と生きもの・支えあう会」代表

http://sasaeaukai.blog17.fc2.com/  「こうほく・人と生きもの・支えあう会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

つるみにも協議会と猫の飼育ガイドラインをつくろう

鶴見区には、磯子区や青葉区、西区にあるような、地域猫活動の基本となる「地域猫協議会」や「猫の飼育ガイドライン」がありません。私たちは、12月1日に 市民の意見や要望を提案するネットワーク横浜・つるみのメンバーと一緒に、鶴見区副区長に面会し、猫の問題を解決するため行政・獣医師・区民が参加する「協議会」の設立と「猫の飼育ガイドライン」制定を求める要望書を提出しました。

福祉保健センター生活衛生課中村課長からは、獣医師会の会合に「協議会設立の要望があったことを伝える」という回答をいただきました。また、各方面に積極的に私たちからもっと働きかけるようアドバイスをいただきました。

Yobo1 要望書(抜粋)

 鶴見区は、三ツ池公園や総持寺、工場など広大な敷地への捨て猫が後を絶たず、また住宅地域では増えすぎたノラ猫が隣近所のトラブルになっているところも少なくありません。解決策は、ノラ猫に不妊去勢手術を施し、地域猫として地域が管理して徐々に数を減らしていくことが最も有効であり、しかも多くの区民が納得できる平和的な方法です。しかし、地域猫を定着させるには、私ども区民ボランティアの小さな努力では力不足です。また、高額な手術費用も地域猫の活動が広がらない大きな原因です。そこで、区役所、獣医師、区民が協議会を作り、鶴見区の「猫の飼育ガイドライン」を制定して、鶴見区全体で地域猫活動を広めたいと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

活動日記ー馬場町へ行きましたー

つるみ地域猫をすすめる会では1カ月に4回くらい捕獲活動をしています。最近の活動をご紹介します。
午後3時に会の代表の運転で、バス通りから右へ左へと坂道を曲がり、地図と表札を確かめながら目的の家を探します。車を近くのコインパークに駐車してから、捕獲器を持って階段を上って行くと、数匹の猫たちがちょっと警しながらも私たち3人に興味シンシン。

依頼主のAさんに目的のメス猫2匹を教えてもらい、庭に捕獲器3台を置きました。捕獲の朝はエサをやらないので、みんなお腹がペコペコです。大きな布をかぶせた捕獲器には、奥の方にニオイの強い鶏の唐揚げ、缶詰のエサ、マタタビの粉末が少しずつ入れてあります。

ここで難しいのは、手術の済んだ猫や怖いもの知らずの若い猫たちが、捕獲器の中に入ってしまうのを防ぐことです。オス猫は以前バタン!と捕獲器に閉じ込められ手術を受けたにもかかわらず、懲りずにまた唐揚げに挑戦するのです。メス猫はそう簡単には捕まりません。捕獲のベテランが何気なく目的以外の猫を払いながら、私は階段下に身を隠して、待つこと十数分。

バタンっという蓋の閉まる音で捕獲成功。驚いた猫が捕獲器の中で暴れて怪我をしないように、急いでペットシートを敷いた大きな布で捕獲器を包むと、すぐにおとなしくなりました。しばらくして2匹目も捕獲できました。緑が多いこのあたりはタヌキや蛇もいるからでしょか、皮膚病らしい猫もいました。会の協力病院では、医師の診察を受けられないノラ猫にも薬を処方してもらえます。Aさんから手術費用をいただき、皮膚病の薬の依頼も受けました。

捕獲器に依頼主の名前や捕獲場所を書いたラベルを付け、一晩ボランティアの家に預かり、翌朝は別の場所で捕獲したBさんの1匹とともに送りのボランティアの車で病院へ。その日のうちに不妊手術を受け、病院に一泊。傷口は溶ける糸で縫合するので、抜糸は行いません。

次の朝は解放ボランティアとして、私が病院に迎えに行きました。複数の猫を放すとき気をつけることは、猫を間違えないこと。付けたラベルだけでなく、依頼主の目で確認してから蓋を開けます。もし町中のときは、道路への飛び出しに気をつけます。せっかく手術しても交通事故に合ったら大変です。

3匹のメス猫はもう出産しません。AさんやBさんの世話を受けながら、のんびり馬場町で暮らしてほしいですね。
今回の捕獲、預かり、送迎の3日間には、のべ6人のボランティアが関わりました。こうして、少しずつ飼い主のいないノラ猫を減らしていくのが、会の活動です。(MOMICA記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

みんなで考えよう。  お年寄りと猫の問題

Otosiyori3福祉保健センターからつるみ・地域猫をすすめる会を紹介されたと、地域ケプラザの職員の方から電話がありました。
「認知症の症状がある一人暮しの高齢者Aさんのお宅の押し入れで、猫が子猫を2匹産んでしまった。そのまま居着いて子猫2匹も親も妊娠してしまうのではと心配だが、Aさんは年金暮しで3匹を不妊手術する費用を負担できない。低料金の病院を教えてほしい」という相談でした。子猫はそろそろ生後6カ月になり、2匹ともメス。放っておけば親子3匹が確実に出産して、どんどん数が増えてしまいます。
Otosiyori後日、3匹を無事に捕獲して手術を終えました。
Aさんのお宅に猫たちを戻すと、Aさんは猫たちを抱き締めて「外に行ったらダメよ」と優しく声を掛けていました。このままAさんのお宅で飼われるのは、猫たちにもAさんにとっても幸せなことだと思います。しかし、独居で認知症の症状も出始めているAさんには、この猫たちの一生を世話することはおそらく不可能でしょう。ケアプラザと相談して、子猫だけでも新しい飼い主さんを探す方向で意見がまとまりました。

今回のような話は特別な相談ではありません。独居老人の寂しさを紛らわすために、猫は大切な役割を果たしているとも言えます。しかし可愛い、可哀想と餌だけやって手術をしていない、糞や周辺の掃除をしていない、終日餌を出したままなど、多くの場合近隣の苦情の対象になっています。
鶴見区は高齢者の割合が非常に多い地域です。ますます高齢化の進むこれからは、私たちはお年寄りとノラ猫の問題を「困る!迷惑!」と苦情を言うだけではなく、地域住民みんなで考えていきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧